ホーム > 三信倉庫・サービス > 輸出入業務

輸出入業務 税関許可倉庫で万全の管理体制

外国貨物は輸出入の諸手続が終了するまで税関から許可をうけた保税蔵置場で保管しなければなりません。城南島流通センターでは東京税関より保税蔵置場の許可を受けており、コンテナ出庫・保管業務から、輸出入手続きまでトータルに代行いたします。安心してお任せください。

輸出入業務

輸出入手続について

外国貨物の輸出入手続を行うには外国貨物を保税蔵置場(保税倉庫)に搬入させて諸手続をおこないます。

(輸入の場合)

保税運送OLT)にて倉庫に到着した外国貨物を海上コンテナよりデバンニングし、保税蔵置場に搬入させ、Sea-NACCSに搬入の実績を入力します。その後、通関業者が輸入申告を行い、関税等の税金を納付して税関より輸入許可を受けます。輸入許可後に国内に貨物を流通させることが可能となります。場合によっては税関検査、見本持出貨物取扱内容点検等の作業、手続が発生する場合があります。

(輸出の場合)

輸出予定の貨物を保税蔵置場に搬入させ、Sea-NACCSに搬入の実績を入力します。この時点で外国貨物としての管理になります。その後、通関業者が輸出申告を行い税関より輸出許可を受けます。輸出許可後に海上コンテナにバンニングし、船舶で海外に輸出します。
場合によっては税関検査等の作業、手続が発生する場合があります。

ページ先頭へ

保税蔵置場(保税倉庫)

保税蔵置場は許可制であり、一定の要件を満たした倉庫に対して税関より許可が与えられます。
また、保税蔵置場では一定期間、関税等の税金の納付を留保したまま貨物を保管することが可能です。
城南島流通センターでは東京税関より保税蔵置場の許可を受けており、輸出入貨物(外国貨物)を万全の管理体制でお取扱いいたします。

保税蔵置場の名称

:三信倉庫株式会社 城南島流通センター 保税蔵置場

蔵置場コード

:1FWH4

保税蔵置場(保税倉庫)

保税蔵置場許可書

ページ先頭へ

Sea-NACCS

輸出入手続は電算処理化されており、ほとんどの貨物がSea-NACCS(海上貨物通関情報処理システム)を利用して輸出入手続が行われています。
城南島流通センターではSea-NACCSを導入しております。Sea-NACCSを利用し保税運送貨物、輸出貨物等の搬出入手続、貨物取扱、見本持出等の実績入力をスピーディーに行い、また関連各社との迅速な連携により、お客様の貨物のスムーズな通関にご協力いたします。

Sea-NACCS

ページ先頭へ

外国貨物管理システム

輸入許可前の外国貨物と輸入許可後の内国貨物は別々に在庫数量、入出庫履歴、直輸入許可(IC)・蔵出輸入許可ISW)の履歴などを管理しなければなりません。また同一貨物でも搬入日別、B/L番号別に管理する必要があります。弊社の貨物管理システムでは外国貨物から輸入許可を経て内国貨物になり、倉庫から出庫するまでを一元管理をできるシステムを導入しております。入庫日別に入庫NOを付与する機能はもちろんのこと、数度に渡る輸入許可・蔵出輸入許可の実績入力も可能で、一括で輸入許可の下りない蔵入承認IS)貨物の管理にも適しています。

外国貨物管理システム

ページ先頭へ

通関業務

輸入・輸出関係の諸手続に必要となる通関業務も全て信頼ある通関業者のもと代行いたします。

通関業務

 輸出入貨物の実績・事例はこちら 

ページ先頭へ

お問合せ/お見積り